【お試し版】【PDF版】Elixirへのいざない Let's try Nx

【お試し版】【PDF版】Elixirへのいざない Let's try Nx

技術書典11に頒布した新刊のお試し版です。 1章と2章、および3章の数ページが読めます。 もし、気に入ったのならば、以下から購入可能です。 BOOTHのPDF版購入リンク: https://mzryuka.booth.pm/items/3133646 技術書典の詳細ページ: https://techbookfest.org/product/6551699353239552?productVariantID=5084594896371712 以下、本編の紹介です。 ==== 関数型言語Elixirへの誘い(いざない)を促す、通称「えりいざ本」の第3弾です。 本書は、動的関数型言語Elixir(エリクサー)で作られたテンソル計算用ライブラリ『Nx』(エヌエックス)を紹介する一冊となっています。 目次: * 第1章:Nx ってなんだろう * 第2章:はじめての Nx * 第3章:Nx の関数を紹介 * 付録A:Elixir のインストール Nxは、テンソル(tensor:≒「多次元配列」)を取り扱うライブラリです。 テンソルで有名なのはPythonとNumPyの組み合わせですが、それのElixir版だと思っていただけるとわかりやすいでしょう。 テンソルを扱った先には、機械学習が出てくるでしょう。 残念ながら、本書は紹介/入門本のため、機械学習についてまでは触れてはいません。 しかし、近い将来には「機械学習」と「Nx」の組み合わせが、目に入る機会も多くなっていくと考えています。すでに、AxonというNxを利用した機械学習用ライブラリも世に出ていますしね。 その日のために、本書に目を通してみるのもアリですよ。

About shipping
Shipped from warehouse

These products are shipped from BOOTH warehouse as soon as payment is confirmed.

Shipped from home

These products are packed and shipped from the seller. "Ships within ~ days" are the estimated number of days from when payment is confirmed at BOOTH until the item is shipped.
Items shipped by Anshin-BOOTH-Pack will be delivered anonymously.

Download item

You will be able to download these products from "Purchase History" at any time after payment is confirmed.

Shipped from pixivFACTORY

These products are manufactured and shipped by pixivFACTORY as soon as payment is confirmed.

技術書典11に頒布した新刊のお試し版です。 1章と2章、および3章の数ページが読めます。 もし、気に入ったのならば、以下から購入可能です。 BOOTHのPDF版購入リンク: https://mzryuka.booth.pm/items/3133646 技術書典の詳細ページ: https://techbookfest.org/product/6551699353239552?productVariantID=5084594896371712 以下、本編の紹介です。 ==== 関数型言語Elixirへの誘い(いざない)を促す、通称「えりいざ本」の第3弾です。 本書は、動的関数型言語Elixir(エリクサー)で作られたテンソル計算用ライブラリ『Nx』(エヌエックス)を紹介する一冊となっています。 目次: * 第1章:Nx ってなんだろう * 第2章:はじめての Nx * 第3章:Nx の関数を紹介 * 付録A:Elixir のインストール Nxは、テンソル(tensor:≒「多次元配列」)を取り扱うライブラリです。 テンソルで有名なのはPythonとNumPyの組み合わせですが、それのElixir版だと思っていただけるとわかりやすいでしょう。 テンソルを扱った先には、機械学習が出てくるでしょう。 残念ながら、本書は紹介/入門本のため、機械学習についてまでは触れてはいません。 しかし、近い将来には「機械学習」と「Nx」の組み合わせが、目に入る機会も多くなっていくと考えています。すでに、AxonというNxを利用した機械学習用ライブラリも世に出ていますしね。 その日のために、本書に目を通してみるのもアリですよ。